気になるニキビの症状

ニキビとは毛穴にアクネ菌が繁殖することで起こる皮膚の炎症です。毛穴に皮脂がたまる「白ニキビ」や、赤くなる「赤ニキビ」などがその代表例です。

皮膚科受診と自分で処置どちらが効果的?

ニキビ痕を残さないのはどっち?

今あるニキビを悪化させ痕が残ってしまうのは残念です。皮膚科で治療をすることで後を残さず処置ができます。

早い治癒を求めるなら?

皮膚科で処方される薬などを服用すれば、自宅処置よりも数倍速くきれいな肌へ向かうことができます。

ニキビ専用コスメを買うなら?

皮膚科で買える医師監修のドクターズコスメなら安心して使えることでしょう。ニキビ専用コスメを購入するより安い場合があります。

大阪だったら自宅処置のほうがいい?

大阪であれ、どこであれ自宅処置より皮膚科でのニキビ治療のほうが最善です。正しいニキビケアも皮膚科で教えてもらえます。

ニキビを作らないためには皮膚科へ行くべき?

皮膚科は「疾患治療」のために存在しています。予防のためであれば自費診療となります。ニキビ予防であれば自宅処置をすることができます。

ピーリングだけでも多彩

女性

大阪にある皮膚科も、美容と健康の両面でニキビ治療を担ってくれます。思春期ニキビから大人ニキビ、化膿しているものもあるでしょう。また、白い・赤い・黒いなど、色の種類でも治療内容が分けられています。同じ皮膚疾患でも、患者により治療法は異なり、飲み薬や塗り薬、抗生物質の投与やメディカルコスメの提供まで様々です。より早く、跡を残さずにきれいに治すには、保険外治療が提案されることもあります。治りにくいといわれるのは、首やアゴの部分ですが、凸凹にはレーザー治療も提案されています。大阪の皮膚科では定番化しているのが、ケミカルピーリングによる治療、これもやり方、使う材料にこだわっています。ソフト・マイルドピーリングは、軽度での治療に、中度での相談ならばグリコール酸を使って、赤みを軽減できるピーリング治療も行われます。メディカルピーリングやダイヤモンドバーを使い、表面をなめらかにする治療までが展開されているのが特徴です。

治療を受ける前にできること

女性

殺菌し、炎症を軽減できれば、その後は予防に努めることができます。美容整形の相談も可とする大阪の皮膚科は、化膿して症状がひどくなった場合でも適した治療法を提案し、治療を行います。もちろん、初診日から直ちにきれいになるものではなく、経過観察が必要です。自費診療となる場合には、医師からその旨も伝えられます。医療ローンを組む可能性も視野に入れ、現金や印鑑などの準備をしてから来院しましょう。ニキビの跡が炎症後、色素沈着としてシミになり、見た目に影響するケースもあるようです。もちろん、美容整形の相談役となる皮膚科、専用マシンを使ってこうしたシミも消してくれます。しかし、繰り返しできるニキビ、抗菌性の外用薬で治っても腸内環境の悪化でニキビが増加することもあり、見た目改善には食生活を含む生活習慣の見直しも必要との話です。マナーやルールがあるとすれば、まずはニキビができる原因を見直すことです。

広告募集中